アルコールスプレー エタノール アルコール製剤 キッチン 食中毒 【代引不可】 人気新品入荷 食品用 アルコール除菌剤 アルパッチ 4L 詰め替え用 業務用 濃度75度 食品添加物 A75

アルコールスプレー エタノール アルコール製剤 キッチン 食中毒 食品用 アルコール除菌剤 濃度75度 アルパッチ A75 4L 食品添加物 詰め替え用 業務用

1102円 アルコールスプレー エタノール アルコール製剤 キッチン 食中毒 食品用 アルコール除菌剤 濃度75度 アルパッチ A75 4L 食品添加物 詰め替え用 業務用 日用品雑貨・文房具・手芸 日用消耗品 洗剤・柔軟剤・クリーナー 除菌剤 1102円 アルコールスプレー エタノール アルコール製剤 キッチン 食中毒 食品用 アルコール除菌剤 濃度75度 アルパッチ A75 4L 食品添加物 詰め替え用 業務用 日用品雑貨・文房具・手芸 日用消耗品 洗剤・柔軟剤・クリーナー 除菌剤 アルコール製剤,詰め替え用,食品添加物,濃度75度,アルパッチ,食中毒,アルコール除菌剤,食品用,日用品雑貨・文房具・手芸 , 日用消耗品 , 洗剤・柔軟剤・クリーナー , 除菌剤,エタノール,1102円,キッチン,A75,業務用,toilait.net,4L,アルコールスプレー,/Alfurese548992.html アルコールスプレー エタノール アルコール製剤 キッチン 食中毒 人気新品入荷 食品用 アルコール除菌剤 アルパッチ 4L 詰め替え用 業務用 濃度75度 食品添加物 A75 アルコールスプレー エタノール アルコール製剤 キッチン 食中毒 人気新品入荷 食品用 アルコール除菌剤 アルパッチ 4L 詰め替え用 業務用 濃度75度 食品添加物 A75 アルコール製剤,詰め替え用,食品添加物,濃度75度,アルパッチ,食中毒,アルコール除菌剤,食品用,日用品雑貨・文房具・手芸 , 日用消耗品 , 洗剤・柔軟剤・クリーナー , 除菌剤,エタノール,1102円,キッチン,A75,業務用,toilait.net,4L,アルコールスプレー,/Alfurese548992.html

1102円

アルコールスプレー エタノール アルコール製剤 キッチン 食中毒 食品用 アルコール除菌剤 濃度75度 アルパッチ A75 4L 食品添加物 詰め替え用 業務用








アルパッチA75は除菌作用があり、細菌・カビ・酵母の繁殖防止に効果があります。原料はイモ、トウモロコシ、米など自然食品由来のアルコールであり、食品や食器はもちろん、赤ちゃんのおもちゃの除菌等にも安心してお使いいただけます。

■製品名:アルパッチA75(食品添加物規格)
■科学名:エタノール75%
■成分:エタノール 67.89% クエン酸 0.01% グリセリン 0.01% 精製水 32.09%
■用途:調理機器、機械、冷蔵庫、ショーケース、販売機器等の除菌。食品表面の除菌、品質保持等の総合除菌剤。
■用法:器具、食品表面に噴霧し、2~3分後蒸発する。食品の防腐剤として使用する際は、酒精もしくはエタノールの表示が必要です。(配合量:0.5~2.0%)

【特徴】
1)食品にかかっても安全です。
2)食品用アルコールなので、水洗いや拭き取りの必要がありません。
3)弁当惣菜・和洋菓子・製麺類など幅広く食品の除菌、保存に適しています。

【取扱い】
・密封した容器に保存し、直射日光を避けて下さい。
・みだりに火気その他点火源となる恐れのあるものに接近させ、若しくは注ぎ蒸発させ、または加熱をしないで下さい。
・取り扱う場所を常に整理整頓し、その場所に可燃性のもの、又は酸化性のものを置かないで下さい。

【有害性】
・工業的には比較的無害の溶剤とみなされますが、蒸気を吸入すると麻酔薬として働き、繰り返しさらされた場合、粘膜刺激、めまい、頭痛などを起こすことがあります。使用する際は揮発・蒸発するまで吸引を避けるようお願いします。

※火気厳禁、危険等級2(水溶性)、第4類アルコール類
※製品安全データシートが必要な方はお問い合わせください。

アルコールスプレー エタノール アルコール製剤 キッチン 食中毒 食品用 アルコール除菌剤 濃度75度 アルパッチ A75 4L 食品添加物 詰め替え用 業務用



モリタでは毎月第1、第3月曜日に、ご登録いただいたメールアドレスに、役立つ情報がいっぱいのメールマガジンを配信いたしております。歯に関する豆知識から、歯科医院の運営に役立つ情報、患者さんとのコミュニケーションや、スタッフ教育に迷った時にも使えるアドバイスも掲載。ご登録は簡単で無料、ぜひお役立て下さい!

接着に関する疑問がスッキリ!

二階堂 徹 先生

朝日大学歯学部口腔機能修復学講座
歯科保存学分野歯冠修復学 准教授


歯の保存と接着の最新情報
≫先生のコラムはコチラ

1985年、北海道大学歯学部卒業。1990年、東京医科歯科大学大学院歯学研究科修了。2000~2018年、東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻口腔機能再構築学講座う蝕制御学 講師。2018年12月、朝日大学歯学部口腔機能修復学講座歯科保存学分野歯冠修復学 准教授。

GPのための早期治療をわかりやすく解説!

関崎 和夫 先生

新潟県開業


実践 早期治療:
咬合誘導から始まる生涯メインテナンス

≫先生のコラムはコチラ

1983年、日本大学歯学部卒業。同年、日本大学歯学部補綴学教室クラウンブリッジ学講座入局。1989年、日本大学歯学部補綴学教室クラウンブリッジ学講座退局。1991年、新潟県見附市関崎歯科医院開設。主な著書に『GPのための咬合誘導―効果的な歯列拡大と床矯正の限界―』、『GP・小児・矯正が共に考える 実践早期治療―子どもの育ちをサポートするために―(監著)』(いずれもクインテッセンス出版刊)がある。